ワードプレスで再利用ブロックが保存出来なかった場合の対処法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

WordPress本体のアップデートで便利な機能が追加されてどんどん使いやすくなってきています。

その便利な機能の一つである再利用ブロックですが、保存できない事態に出くわしてしまって困ってしまいました。

ですが、どうにか解決したのでその方法をシェアしたいと思います。

目次

出現した症状

出現した症状は、

  1. ワードプレステーマ「SWELL」でアコーディオンを使用した再利用ブロックを新規登録しようとしたら「更新に失敗しました。返答が正しいJSONレスポンスではありません」と表示され保存されない。
  2. 投稿から再利用ブロックに追加しようとしても画面左下に何か警告が表示され再利用ブロックに追加できない

といったものでした。

再利用ブロックを保存できなかったときの画面の様子

原因と解決策

単刀直入に原因と解決策をお伝えします。

原因はサーバーのWAFの誤検知。

解決策はWAFからの除外です。

原因_WAFの誤検知

WAFとは

WAF(ワフ)は”Web Application Firewall”の略で、「Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃」からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。Webサーバーの前段に設置して通信を解析・検査し、攻撃と判断した通信を遮断することで、Webサイトを保護します。
インターネットバンキングやECサイトのように、ユーザーからの入力を受け付けたり、リクエストに応じて動的にページを作成するWebサイトの保護に適しています。

WAFとは?|SiteGuard|キヤノン

つまり、簡単にいうと悪意を持ったWEBへの攻撃を防いでくれる機能です。

僕の使用しているレンタルサーバーのConoHa WINGではこの機能が標準でついています。

今回はそのWAFが誤検知をしてしまった、ということですね。

解決策_WAFからの除外

まず、ConoHa WINGにログインします。

ログインをしたら下の画像のとおりに進んでいき、赤枠で囲んでいる「除外」のボタンをクリックします。

この時必ず画面に表示されている「日時(除外ボタンの横)」が、自分が操作してエラーが出た時間と間違いがないか確認します。

すると、以下の確認画面が表示されるので、「はい」をクリック。

すると画面左下に「成功しました。WAF設定変更」と表示され、「除外」となっていたボタンが「除外解除」となります。

これで再利用ブロックを保存することができるようになります。

まとめ

ちなみに僕が利用しているワードプレステーマ「SWELL」は不具合やわからないことがあったときはフォーラムで質問することができて、サポートもバッチリです。

しかもかなり使いやすいのでおすすめです!【PR】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

COMMENT_お気軽にコメント下さい

コメントする

CAPTCHA


使用中のワードプレステーマ

目次
閉じる