Cocoon用のスキン、『Hygiene』を作成しました。

職場や公共のウォシュレットの便座とか温水の設定変更する方法!

雑記
この記事は約1分で読めます

こんにちは、ハイジ(@haiji_blog)です。

皆さんはウォシュレット使ったことありますか?

まぁ今の時代ほとんどの人が使ったことあるんじゃないかと思います。

じゃあこういう経験は無いですか?

寒い冬、職場や公共のトイレの便座が温かいだろうと思って腰掛けたらめっちゃ冷たくて

『ひゃぁん!』

みたいになったり、お尻洗浄ボタンを押したら全然温かくない水がお尻を直撃して

『アヒャヒャヒャアヒィ〜!!!?』

ってなったり。ないですか?

自分はあります。

職場とか公共のトイレは経費削減の為設定温度を下げているのかもしれません。

設定をいじろうと思っても設定ボタンのところには

『管理者用』『使用者の方は操作できません』

と書かれていて絶望感を覚えたものです。

一般の家に設置してあるウォシュレットにはこんなことは書いておらず、普通に設定変更出来たから恐らく職場や公共トイレ向けのウォシュレット特有の機能だと思います。

そこで、ウォシュレットの設定温度を変更する方法を調べたので書いてみまーす!

 

 

そもそも、ウォシュレットと呼んでいいのはTOTOのだけ!

自分も含めて多くの人がお尻を温水で洗う機能がついてるトイレをメーカーに関わらず全てウォシュレットと呼んでるんじゃないかと思いますが、ウォシュレットとはTOTOの登録商標なのでウォシュレットと呼んでいいのはTOTOの温水洗浄便座だけなのです。

ちなみに業界2位のINAXはシャワートイレという名前の温水洗浄便座を出していますが、そういった他メーカーの製品含めウォシュレットと呼ばれるのが一般的になるくらいウォシュレットの名前が浸透していますよね。

 

 

TOTOのウォシュレットの設定温度などの変更方法

画像があればもっとわかりやすいんですが、流石にトイレの中で写真を撮ったらあらぬ疑いをかけられそうなので撮る勇気はありませんでした・・・。

まぁでもそんな難しいものではありません。

管理者用となっている灰色のエリアにある『設定モード 入/切』ボタンを4〜5秒長押しするだけです。

自分も1度この『設定モード 入/切』ボタンが怪しいと思って何度も押したり、長押しもしてみたんですが自分は長押しを3秒くらいでやめたので設定することができなかったんですね〜。

このボタンを長押しすることで便座の温度、温水の温度、節約モードの入/切、を変更することが出来るようになります!!

 

 

INAXのシャワートイレの設定温度などの変更方法

ついでにTOTOのウォシュレットの次に普及しているINAXのシャワートイレの設定方法も書いときます。

INAXのシャワートイレの場合は『便座ボタン』と『温水ボタン』を同時に6秒以上長押しすれば便座の温度、温水の温度、節電の入/切、電源の入/切の変更が出来るようになります。

 

まとめ。

便座とか温水の設定を変更出来るようになったからってイタズラはやめてくださいね!!

ていうか、そういうイタズラを防止するための機能だと思うのでこの知識悪用厳禁ですからね!!

 

それではっ!!

コメント